雲のてんき

日々を語ります

二大コーヒーチェーンを巡る圧倒的シュミレーションについて

夕方

めちゃくちゃ腹が減ったので、コメダ珈琲へ行きたい。

自分は「コメダ珈琲」が大好きなのである。



大好きすぎるが故に、コメダ珈琲へ行く機会が訪れた途端、常軌を逸した「コメダ珈琲へ行こう」を連発する



コメダだ、コメダいこう



本当今しかない。

次? 次ってなんだ、コメダに次訪れるタイミングが分かるのか



コメダだ。注文時に尽く「たっぷり」を付け、シロノワールみたいな体型になって満足したい




いいからコメダへ行くぞ────













借金取りの如く、コメダ珈琲へ執着するコメダの擬人化。


しかし、大問題がある。


実はコメダ珈琲、5~6回ほどしか行っていない。



これだけコメダコメダと騒いでいるのに、片手で数える程しか入店していないのだ。これにはシロノワール並に何層もの訳がある。



第一に、近辺にコメダ珈琲が存在しない。無い店には行けない。ドトールならある。


しかしドトールコメダ珈琲ではなく、コメダ珈琲もまた、ドトールではない。



ドトールにて「シロノワール1つ」と注文しようものなら、季節限定ドリンクの「青森県産りんごストレートジュース」を頭からぶちまけられる。否、そこまではされない。シロノワール並に、盛りすぎた




第二に、メニューの語彙が貧弱であること。先程からシロノワールを連発しているが、これは「生まれてからシロノワールしか摂取していない」という昆虫じみた生態ではなく、あくまでも来店数が少ないゆえ。



せめて、偶然コメダ珈琲があるなら積極的に通ってメニュー名を覚え、シロノワールという地獄から脱出したいものだ。







さて、これほどまでにコメダ珈琲へ行きたいが、近場にはない。しかしドトールなら存在する。


故に、コメダ珈琲に行きたい時は、きまってドトールへと向かう。極めて異質な行動といえるだろう。

「(コメダ珈琲がよかったナァ…)カフェラテのLサイズをください」



コメダ珈琲に行きたいのに、行けずにドトールへ行く。この圧倒的に理不尽な現実を、どうにかして脱却したい。

①素直にコメダ珈琲へ遠出する
コメダ珈琲の近くに引っ越す
コメダ珈琲の天井に住む
コメダ珈琲の厨房の冷蔵庫の隙間に潜む


この4つが挙げられるが、一般的に、常識的に、人間として考えるならば①か②が適切だろう。


③は、シンプルに犯罪であるし、④はシンプルに犯罪である。



しかし、④は強烈なリスクと引き換えに、コメダ珈琲の全てを知り尽くせる可能性すらある。



それはメニュー名に限らず、その店舗内の人間関係、しっかり運営出来ているかの調査など。






完璧だ。「天井に住む」だけでは、コメダ珈琲という店舗の「天井」しか分からないし、「天井」を知ったところで、コメダ珈琲の何かが分かるわけではない。



さらに、仮にバレたとしても
・天井
「不審者がコメダ珈琲店の天井に張り付いている」と通報され、弁解しようにも「コメダ珈琲の天井に張り付いていた」という事実は揺るがない

・冷蔵庫の隙間
バレた直後に冷蔵庫から脱出し、優雅に豆菓子をポリポリと貪りながら「嗚呼……」と幸福に満ちた表情を浮かべて店外へと歩けば、完全犯罪となる



ケアも万全。これにより、コメダ珈琲へ行きたいという欲望を満たすためには、

コメダ珈琲の冷蔵庫の隙間へ忍び込む
コメダ珈琲の全てを知る
③優雅に豆菓子をポリポリと貪りながら「嗚呼……」と幸福に満ちた表情を浮かべて、店外へと脱出

この方法が完璧だ。



これは画期的。自らの発想に引いている。素晴らしい。待っていろコメダ珈琲


御店の冷蔵庫の隙間をせいぜい掃除しておくことだ─────












結局のところ






ドトール















良いですよね